日本の藩窯①「鍋島焼」

日本の藩窯については以前少しふれましたが今回は詳しく紹介します。今回はその代表格の1つである「鍋島焼」ついてです。

鍋島焼が出来た背景

鍋島焼の誕生の背景には鍋島藩と密接な関係があります。1600年代前半になると戦国時代が終わり、江戸幕府による幕藩体制が整い始めた。それにより世情が安定してくると肥前は陶土に恵まれていたため次第に陶工が集まるようになった。
以前記事にしましたが、1600年代前半、日本にほそもそも色絵磁器を焼く技術がありませんでした。そのため最初は中国の福建省系統「平和窯、漳州窯、徳化窯」の五須赤絵などを焼いていた民窯の陶工が日本に技術を伝授したことによって日本の色絵磁器の歴史が始まった。下の画像3枚は全て漳州窯で作られた物。また、古伊万里の窯跡などから中国人の名前が書いてある道具が見つかっている。

東京国立博物館 所蔵   五彩龍花鳥文大皿

九州国立博物館 所蔵    柿釉麒麟雲龍文大盤

富士美術館 所蔵     藍釉堆花草花文盤

色絵磁器を焼く技術は古伊万里をなどの色絵磁器を焼く技術に応用された。
また、九州では陶石に恵まれてたことによって大きな発展を遂げた。
ここから鍋島焼の歴史及び、1650年代頃から肥前の色絵磁器の歴史が始まった。

鍋島焼の体制

次第にいい陶磁器が出来るのに対して鍋島藩が目を付けた。鍋島藩は陶磁器の輸出を外貨獲得のための国策としていたため鍋島焼の窯場が近くにある古伊万里の窯場も管理をした。
技術の漏洩を防ぐため、皿山代官所を設置して陶工の出入りを制限を行った。「赤絵屋」という色絵の具の調合や上絵付専門の業者を設置を行い他藩に色絵調合の技術が漏洩しないよう管理を徹底した。
古伊万里の上手な絵付師は鍋島焼専門の絵付師として雇われることもあった。
鍋島藩窯の体制は分業制をとっており細工方11人、絵書き9人、捻細工方4人、下働き7人で構成されている。この体制は明治4年まで続いた。ここに出てくる捻細工方とは、置物などを作る職人の事である。
そのため、鍋島藩窯には優れた置物がある。

下図の置物は主な参考として添付します。

鍋島青磁鎌を差す牛大香炉      栗田美術館 収蔵

色絵碁盤童子置物       九州陶磁文化会館 収蔵

染付子犬形香炉      東京国立博物館 収蔵

青磁の焼成にも力を入れていた。国内では鍋島、古伊万里、瑞芝、三田、王地山、東山、瀬戸焼などがある。ここは「青磁」で分類して新しく記事を書きたいと思う。

鍋島焼始まり

鍋島焼は数ある肥前陶磁窯の中の1つです。
その歴史は長く1628年から始まり「廃藩置県」によって鍋島藩が無くなるまでの間に多くの磁器が作られました。

初期鍋島(1640~1693年)

日本で最初の色絵磁器は諸説ありますが、古伊万里が最初だとされている。また古伊万里の窯場は鍋島焼の窯場と非常に近く、酒井田柿右衛門(柿右衛門様式)の窯も近くにあり大きな影響を与えています。最初の鍋島焼は松ヶ谷手という様式で大川内窯、鍋島藩窯(岩谷川内窯)、日峰社下窯という場所で焼かれたと考えられています。
この松ヶ谷手は古九谷や柿右衛門様式に酷似した作品が多いのが特徴である。

色絵薄瑠璃唐花唐草文菱形皿  大阪市立美術館 収蔵

唐花文変形皿        大阪市立美術館収蔵

色絵唐花文変形皿      九州陶磁文化会館 収蔵

盛期鍋島(1693~1754年)

1693年頃になると鍋島藩の2代藩主鍋島光重が鍋島焼の代官所に対して品質管理を徹底するようにと指示書を送っている。
だいたい、この頃から鍋島焼に明確な制作様式が確立される。
①高大が高く作られ、櫛高大と呼ばれる模様が描かている。
②一尺(30.3cm)、七寸(21.21cm)、五寸(15.15cm)、三寸(9.09cm)の四種類という明確な決まりがある。(向付き、置物、変形皿、徳利などは例外)
この明確な様式が出来た。

鍋島藩窯の特徴  櫛高大

1673年代になると鍋島焼の最盛期を迎える。色絵の具を豪快に使用した色鍋島は評価が高く、海外の美術館にも収蔵されている。

色絵桜紋皿 大英博物館収蔵

鍋島色絵青海波牡丹文皿   栗田美術館収蔵

1710年代に入ると徳川吉宗による享保の改革が進められ、質素倹約などが奨励された、そのため色絵鍋島より、藍鍋島や鍋島青磁などの単色の物が多く作られる。

鍋島染付椿繋文皿     栗田美術館収蔵

染付雲龍文輪花皿     徴古館収蔵

青磁牡丹文皿 東京国立博物館収蔵

後期鍋島(1750~1868「明治元年」)

18世紀~明治の終わり頃になると上級階級の武士から裕福な商人層に売り渡されたりなどがある。また、制作様式なども盛期のものと比べると平面的な物などや質が落ちる物が多々ある。

芙蓉文中皿

菊花小皿

この上の2点は相当数作られている、骨董店でもよく見かけるのではないだろうか?
ここら辺は値段も手頃だ。

鍋島焼の魅力

鍋島焼の魅力は何と言っても古伊万里にはない洗礼された絵付けだ。中国陶磁器には無い独特な図柄も魅力である。やはり日本の色絵磁器としては欠かせない物だろう。日本の官窯とも言うに相応しいのではないだろうか?

個人的な意見ではあるが日本の色絵陶磁器はどちらかと言ったら中国の写しが多いそのため何処か比べられ写しか本歌かとして捕らわれがちだが、鍋島は日本の色絵磁器では数少ない独自性を保った物だと思う。最後にこの記事で何かコメントを頂けるとありがたい。

以上で鍋島に関しての解説を終了します。皆様の収集の手助けになればこちらも幸いです。
次回は「古伊万里」について改めて記事を書きます。

参考資料

送迎者出版 鍋島青磁、続・鍋島青磁、制作年代を考察できる鍋島、鍋島誕生期から盛期作品まで、

平凡社出版 陶磁体系

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする